FC2ブログ
2009/08/10

【本】 FKD

夏休みの読書感想。

フィリップ・K・ディック

ディックの初期(’60年頃)の短編集です。
今更ですけど、非常に面白いです。


>>続きを読む
[Cinema/Book] -映画/本-
2008/03/05

【アメリカンギャングスター】&ネットのコメントについて

080303gf

さすがに謹賀新年のTOPもまずいので (遅・・(苦笑;)
変えました。TOP。
残念ながら失敗作になってしまったので、
(一度描き直したんですが)
数日で変更すると思います・・

***

【アメリカン・ギャングスター】

先日、「アメリカン・ギャングスター」を観て来ました。
ちょっと時間的に長いので、なかなか時間が合わず(取れず)、
劇場が縮小され始めて、やっと・・
空いてるかと思ったのですが、意外や満席でした。
(入れ替え制の小さい劇場でしたので)


>>続きを読む
[Cinema/Book] -映画/本-
2007/11/17

ブレードランナー・ファイナルカット

BLADE RUNNER


【ファイナルカット】11/17公開)
プレス1
プレス2

ネタバレ?注意:NEW OPENING


学生当時、友人と議論していて、
この映画のラスト(のクレジットタイトル)の外の風景空撮はいらない、と
いう話になったことがある。
中々意見が違うその友人だったけれど、
(「炎のランナー」の日曜日は安息日なので走りません、ってのはオカシイとか(笑))
ことこの意見については頷けた。
それまで閉鎖された環境にいたことが最後に意味がなくなり、
しかもその後二人は幸せに暮らしましたとさ、みたいなオチはどうなんだ、と
思っていた。

その後、R・スコット監督がディレクターズカット版を編集、公開。
このとき監督の回顧録で、当時プロデューサー側の意向から
分かりにくい言とう理由でナレーションが入れられ、エンディングも変更されたことが判った。
監督の意図した作品とは違ってしまっていたらしい。
ディレクターズカット版では、劇中でユニコーンのカットが挿入されるなど、
ナレーションも、ラストの風景描写もばっさり切られ、意味深いものになっていた。

実はこの映画、私は劇場で(初公開版を)見逃して悔しい思いをしていた作品のひとつ。
その後、ディレクターズカット版を初めて観劇することになったので、
映画館では最初に監督のオリジナルカット版に触れることになり、
結局、良かったのかなと思っていた(笑)

そんなわけで、今回。
デジタルで焼き直しでオープニングも違う。
時間を取ってまたあの雰囲気を味わいに行きたいと思う。

-
[Cinema/Book] -映画/本-
2006/10/19

【信念】 (映画レビュー/絵の幸せ)

200610121621000

*今更ですが映画2本。終映間近で観て参りました。

>>続きを読む
[Cinema/Book] -映画/本-
2006/04/16

『ダ・ヴィンチ・コード』と三本の矢

200509000009_1

「ヤコブには12人の息子がいた。
あるとき、息子たちの間に諍いと不和がるのを見たヤコブは、12本の杖を取って来た。
ヤコブは、これらを頑丈な帯で束ねると、長男に手渡し、折るよう命じた。
長男は折ろうとしたが、できなかった。ヤコブは次々と息子たちに杖の束を手渡し、
こうして末っ子に至るまで、めいめいが杖を折ろうとしたが、全員折ることはできなかった。
するとヤコブは杖の帯を解き、一本を長男に手渡し、折るように言うと、彼はそれを折った。
次に、別の一本を次男にと、全員に杖を手渡し、折るように言うと、みな杖を折った。
ヤコブは言った。
『息子たちよ、ここから二つの教訓を学ぶがよい。
一つ目の教訓はお前たちができないことでも、力を合わせればできるということ。
二つ目はの教訓は、お前たちが結束していれば、決して敗れることはないということだ』」

上記はタルムードの文書、シフリからの引用である。


>>続きを読む
[Cinema/Book] -映画/本-
« Prev | HOME |