FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/26

モノクロームとイマジネーション

giacomelli1986_testa01f.jpg
 先日本屋に立ち寄ったところ、大好きな写真家の一人、
 Mario Giacomelli(ジャコメッリ)の写真集に出くわし、
 時間も忘れて眺めまくってしまいました。

giacomelli1953_mani04f.jpg 一昨年の08年に東京都写真美術館
 展覧会があったのですが、そのときの衝撃度は
  Lee Friedlander(フリードランダー)や
 土門拳さん以上だったのを覚えています。

 いえ、いつも誰しも衝撃なんですが。
 (それこそキャパとか)


giacomelli1964motivo_06f.jpg
 人物にしても、風景にしても、
 モノクロームの白と黒(光と影)の対比、
 対象の切り取り方、どれも唸ります。
 どうしてこういう「画」ができるのか
 (写真ゆえに?)唖然としてしまいます。


(故人ですが無許可なため失礼ながら極縮小で載せさせて頂きました)
* These images are not permit, it's to use advertising for art.
* I shall be delete this images whenever if received official notice.


センスや感覚(嗅覚?)、と言ったらそれまでなんですけれども・・
フリードランダーの「桜狩」(モノクロで収めた桜)もそうですが、
写真そのものとしてや、プリンティング物としての、コントラスト表現云々とか、そんな問題じゃないです。
一枚の画としての鋭い感覚がそこにあります。

(以下は自己中心的な、表現方法のヒント話です)

>>続きを読む
スポンサーサイト
[ART] -絵・アート-
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。