FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/30

サリンジャー氏逝去/読書のスヽメ

catcherintherye.jpg 今ちょうど偶然、古本屋さんで見つけた
 『ナイン・ストーリーズ』の文庫を持ち歩いていたら、
 先日筆者のサリンジャー氏が亡くなったと聞きました。

 『ライ麦畑でつかまえて』は私の好きな、
 たぶん最も影響を受けた小説だと思っています。

 文壇から消えて後の隠遁・・
 その後の生活は全く存じませんでした。
 ご冥福をお祈り致します。


初めて読んだのがこの表紙の野崎訳。村上訳も読ませて頂きました。
(残念ながら言語版は未読破のまま不明・・(笑))

世の中みんな phony(インチキ)だ、と言う、退廃的な主人公。
当時の書評では CRAZY と評されたり、某事件の犯人の所有本で話題になったりでしたが―
その言動が一々当時ヤングエイジだった私のスピリットに突き刺さりました。
一方で唯一気がかりにする妹のことや、レコードの話に、優しさや弱さが垣間見える。
若者特有のやるせない憤り、とだけでは片付けられないし、
マジやってられっかよ、と吐き捨てる文学無縁なヤンキーともちょっと違う―
ああ、自分の10代20代の中身は全部コイツだ、と思って、
何度も持ち歩いて読み返していました。

私は一度読んで気に入ると、二度読み三度読みということが多いです。(映画も)
先日も持ち歩くのに読みたい本が見つからず、たまたま立ち寄った古本屋さんに
以前読んだ『ナインストーリーズ』があったので、久々に入手した次第。
簡素な会話に、強烈な行間があって、
映像として想像すると、短編なのに恐ろしいほど時間が長く流れるのを感じます・・
『ライ麦・・』はあっという間なんですけれど・・
それでも逐一いいフレーズに捕まってしまい、泣きそうになります。
(ド影響でこういう一人称文ばかり書いていたことが自分、ありました(笑))


(以下はサリンジャーとは無関係な読書と創作の話ですので興味ある方だけどうぞ)

>>続きを読む
スポンサーサイト
[Cinema/Book] -映画/本-
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。