FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/31

Somewhere In Time (ある日どこかで)/日常雑記まとめて

(アイアンメイデンのアルバムタイトルではありません(笑))

somewhereintime.jpg 随分の大昔(不詳(笑))に観た作品ですが、
 その時はいい映画だな~と思う程度だった筈なのに、
 先日観たらなんとボロ泣き。
 うーん、トシとって涙腺弱くなってますかね?

 ジェーン・シーモアさんが綺麗で、
 勝気で可愛らしい素敵なヒロインでした。
 クリストファー・リーヴさん上手いです。
 あのシャイというかウブな感じが、
 かの『スーパーマン』でも印象的でしたが。

 舞台になったミシガン州の
 Mackinac Island(マッキナック島)の
 ホテル
に行ってみたくなりました。
 シカゴも近いし、夏も涼しいようですし―
 (冬は凄く寒いでしょうけれど)

それにしてもどうしたことやらラストはいいトシこいて(若いですが)号泣。
こんなに泣ける映画だったっけ?としばし唖然。
『ゴッドファーザーPARTIII』(アル・パチーノが娘を抱いて号泣するシーン)以来かも・・
時間を経ると映画や小説も印象が変わるものでしょうか・・
(この映画の、マシスンの原作については読んでません)

悲しいとかそういうことじゃないですね、たぶん。いや、哀しいかな。
たまたま、ちょっと調べ物してて見つけて、疲れてたのもあったせいで、
制作の手を止めて観てしまったんですけれど・・(すいません)

導入長いなぁ~と思って初めは冷静に観てたんですが・・
写真を撮るときのシーモアさんの顔で泣けて・・(他人と泣けるところがちょっと違います)
この場合は恋人(リーヴ)を見た瞬間にいい表情になって、結果それが彼を惹きつける1枚になる・・
二人が初めて出会うシーンも泣けて・・いやーいい映画じゃないか、って思ってたんですね。

それがラスト・・もう自分だったら、
「あんだけ惚れて過去まで行ったのに会えなくなったら、もう生きる気力なくすな」と。
まして、まかり間違ってもこれをネタに作家稼業(リーヴの役所は劇作家)に励む―なんて、
そんな風には都合良くいかないだろうなぁ~・・と打ちひしがれて痛々しく観ていました。
そしたら最後はあなた・・・・嗚呼、もう思い出しても泣けます。
(昔ホントにちゃんと観ていたんでしょうかこの映画・・!)

なんて乙女チックなんでしょうか、自分。妙な再発見。(今更ですが)

ちょっと疲れてましたかね・・(笑)
もしや今トレンド(とはもう言いませんか)女性向け映画観たら泣いちゃうんじゃないかしら・・?
(いえ、ごめんなさい、邦画の俳優さん苦手なのでそれはやっぱりないかな・・)

短いのに良作でした。
いえ、感情移入し過ぎて冷静に鑑賞できてませんでしたが・・・(笑)

(以下は日常な駄文。映画には関係ありません) 

>>続きを読む
スポンサーサイト
[Cinema/Book] -映画/本-
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。