FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/08

『Alchemy 5人の銅版画展』/近況など・・

NYの Gallery から Reception Party の招待メールが来ました(笑)
自転車で行けたらすぐにでも行きますが(笑) 思わず Google Map を見ちゃいましたよ。
折角ですので先ほど 10th Avenue と 11th Avenue からハドソン河まで歩いて来ました。
(Google streetで(笑))

『Alchemy~5人の銅版画展~』
岡本玄介氏銅版画5人展

明1/9~17日まで、岡本玄介氏ら5人の銅版画展が東京・吉祥寺で開かれます。
細密で味わい深い銅版画を、しかも数人の違った作家さんの作品が見られるのが楽しみです。
詳細はリンク先かアートギャラリー絵の具箱、または岡本氏のBLOGにてご確認ください―

---
私は版画はやらないのですが、元々ギュスターヴ・ドレなどが好きで、
その線画がエッチングなど版画で刷られたものと知ってから、
どうにかああいう「感じ」を「描け」ないか、とずっと思っています。(たぶん中学生くらいから)

岡本氏の作品(あるポスター)を初めて目にしたときも、「これがやりたかったのに!」と
悔しい思いで急ぎ作家さんを調査し(笑)、そのまま個展に駆け込んだ覚えがあります。
主題が似ていたのも確かにありますし、作品が良かったのは勿論ですが、
何より技法が気になって仕方ありませんでした。

銅版画と知って、納得するような、諦められないような・・(笑)
技法の方はジャンル違いなので致し方ないのですが、主題と表現の方法の方ですね。
色々参考に勉強させて頂いてます。(ぜんぜん勉強の成果出てませんけれど)
大きい作品は太刀打ちできないと諦めましたが(むしろ手元に飾りたいと思ってますが)
私が最初に気になった作品はポスターに反して非常に小さい作品でした。
このことも、今でも「大きい作品」に拘らないゆえんになってます。

以降も何度か拝見に行ってますが、久々にじっくり拝見できそうですし、
他の作家さんも非常に興味深いので、ウキウキしています。

---

-通信-

2月以降8月頃までの出展予定がやっとですが、少しずつ決まったり延びたりの状況です。
メールなどで問い合わせくださっている方には連絡を順次入れさせて頂いております。
2年ほど別の活動のせいでこちらは休筆に近い状態でしたが、相変わらずののんびりですみません。
それぞれ会期や出展予定が確定しましたらお知らせさせて頂きます。
作品も少なく遅筆ゆえ、急にどかーん、ということはありえませんので(笑)、気長にお待ちください。

Sin 拝。
[ART] -絵・アート-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。