FC2ブログ
2009/08/23

【SPORTS】 新潟県勢初の決勝

高校野球、夏の甲子園。
新潟代表校(日本文理高校)が決勝戦進出。
初のベスト4、と言っていたのですが、今日も強豪校を破りました。
正直、2回戦からの登場や対戦相手のくじ運などとも言われ、
今日は下馬評通りで難しいかと思ったのですが。

ちょっと試合を観させて頂いたのですが、いやいやどうして。
そこには野球に限らず、スポーツのセオリーが存在してました。

やっぱり勝負ごとって・・とたいへん面白く感じました。
主戦投手の伊藤選手は速球こそ速くないですが、縦の変化球をうまく使って、
相手のタイミングを上手くかわしています。
捕手の若林選手も打者の打ち気を良く観察している。
ベンチの監督さんのサイン(指示)も冷静に見ているようですし。
とにかく落ち着いています。

豪打でならす強豪チームは、どうしても緩いボールを強振してしまうんですね。
投げる方も緩い球だとどうしても自信を持ちきれないと思うのです。
その辺を、淡々と、自分のペースで攻めています。
リズムも崩さない。(このリズムとフォームがまた、打者には打ちにくい!)
守っている野手も、そのリズムに乗っていけます。

打っては徹底的にセンター返し。
伊藤投手の談話にもありましたが、次の選手を信頼して、繋ぐ野球。

野手と投手、打線の中での打者同士。
選手同士が自分たちの野球のやり方に自信を持ち、
そしてお互いをすごく信頼し合っています。
勝つことでそれは確信になり、これでいいんだ、と自信が増します。

監督の方も信じられない、と素直に驚き、喜んでいるようすにも、
非常に純粋な姿勢が感じられます。
こういうチームが勝つんですねえ。素敵です。

プロ野球並みの打撃や、一人のプロ並みの投手を擁しても、
それが個々の力しか出せないでいると、繋がりがなく、チームにならない。
やがて窮地に追い込まれると、信頼も崩れ、個々の実力すら出せなくなる。

準々決勝で、(これも終わりの方しか観ていなかったのですが)
帝京高校の選手が、3点ビハインドの9回に死球になるところをついよけて、
その後2塁打を打ったにも関わらず、3塁まで突っ込み、
アウトになる場面がありました。
その帝京に打ち勝った件岐阜商高校が、日本文理高校の伊藤投手の、
そのゆるく、「長打が打てそうな」球に、つい強振し、後半まで全く
抑えられてしまう。
もし、彼らが一撃の自信を捨て、全員で繋ぐ野球をしようとしたら?
もし、プライドや今までの自負を捨て、投手に打ち返す、
コンパクトなバッティングに切り替えたら?
そうしたら彼らに勝機があったかも知れない。
わかっていてできなかったかも知れない。

そういう勝負の分かれ目を、試合の中で急に見つけられるかどうかも
若い選手や経験、覚えてきた体で反応するのは難かしいのかも知れません。

高校野球が面白い、と言われる所以の一幕を、久しぶりに垣間見た気がします。

勝負は無心で、素直に臨んだ方に勝機があったりすることもある。
そういうことを、日本文理高校の選手たちに教わりました。

何事も無心、無欲で。
自分のやれることを精一杯、全力で。
そのために、そのレベルになるまで、努めて。
間違っていなければ、きっと目標に叶う。
そう信じて、頑張ることを。


[Sports] -スポーツ-
« 道なき道 | HOME | ・・・ »