FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/17

青少年育成条例改正案反対

東京都「青少年の健全な育成に関する条例(青少年育成条例)」改正案

関連記事
漫画家の都庁反対集会発言(小寺さんのBLOG)

昨年6月の自民党のマニフェストにもあって気になっていたことですが・・

2月から始まり、先週火曜(9)日に本会議の始まった都議会に提出された、
「青少年の健全な育成に関する条例(青少年育成条例)」改正案(第30号議案)は、
どう読んでも非常に悪法です。

児童ポルノの規制はユニセフでも叫ばれており、私自身もそれについては全く同感です。

しかし、この30号議案については、その条文を読むと、
アニメ・漫画のキャラクターである“非実在青少年”の表現を規制しうるという表現があり、
しかもその内容もたいへん曖昧で、拡大解釈のしようがいくらでも伺えます。
これはゲームやアニメ・漫画に限っての規制も疑問であると共に、
漫画文化に限らず表現の自由を著しく損なう恐れがあると思われます。

私はこの成立には断固反対の意思を表明します。

未成熟児童への性的誘導表現やそれが表現の対象とされた性的目的の商品化は好ましくありませんし、
しばしば眉をひそめることもありますけれど、こうしたものは法律で規制するべきものではなく、
作家や業界の自主規制や、読者・ユーザーの自浄作用に任されてしかるべきもので、
仮に好ましくないと思われる場合は識者なり業界で指導なりをするべきものだと思うからです。

個人的な考えは以前よりちばてつや先生のお考え(「娯楽室」にある『と思います』)と全く同じです。
(先生の『と思います』という作品は、全ての表現の自由に於いて全く同感で、
以前より機会があればご紹介したいと思っていましたが、
残念ながら嫌なタイミングになってしまいました・・)

30日の本会議か、その前には成立の可否が見えるようですが、しかし、
遅きに失した感じも否めません・・・

ちばてつや先生BLOG公式サイト
まとめサイト
対策サイト
[Column] -想うこと-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。