FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/21

おもしろいこと(熱病)

前後しちゃうんですけど、先の糸井重里さんの日記中の
「おもしろいもの」について書かれた記事をブックマークしていたので、
忘れない内に貼っておくことにします。
(記事は続き以下に閉じました)

--<覚書>--
諏訪敦ほか 「見つめる」 川口アトリア 4/17~5/30
塩谷亮 文化庁在外派遣研修報告 塩谷亮展 彩鳳堂画廊 4/23~29
会田誠 「絵バカ」 MIZUMA ART GALLERY 5/6~6/5

新しいものを生むのって難しいような気がします。
スゴイものとか、面白いものとか、興味深いものとか。
でもやっぱり、売れるモノや大量生産されるモノとはちょっと違う気がします。
食べ物のように消化されないものは、売れちゃって時点でそこら中に溢れて、
結局飽きられたり、また別の新しい「売れるモノ」を欲しがられちゃう。
食べ物にしても、ふだん安くて手に入りやすいものは美味しいものだと思われなかったり。

そうは言っても中々生きててスゴイ傑作なんてそうそう生み出せるものじゃない。
例えば一人の人間がやってることだと、時間もかかるし、
古くなると愚作に思えてきたりして、今ならもっといいものが、とか
将来的にはこんなものが創れるだろうって想像したり歯噛みしたり・・

今あるものが自分の実力。今まで生んできたものが自分の等身大。
悔しかったら創るしかない。不要な駄作になっちゃうかも知れないのを覚悟して。
そうしていくと、きっといつか誰かに喜ばれる傑作にめぐり遭えるかも知れません。

***

諏訪さん(先生)の作品がお披露目になってます・・
残念ながら会期がシビア・・今なかなか動けない状態で、駆けつけられません。
しかもあの日にアレ(とアレ)も重なっていて・・頭を痛めてます・・(笑;)
でも近々観に行きます。伺います。行かないと死ねません。

そして・・会田誠さん(先生)!
北京のミズマアトリエで描かれていた大作が6日から観られるようです。
草場地区の再開発のために立ち退きを迫る武装集団に岩間賢さんらが襲われたりしたらしく、
不穏な空気だったのですが・・会田さんはご無事で精力的に活動されていたご様子。

4月から「ぴあ」誌で山口晃さん(先生)と会田さんが交替でエッセイを書かれています。

偶々ですが、時期が重なったせいで浮かれているというか興奮状態です・・
(諏訪さんはもう始まっていて観られますが)
もう一種のなんというか、熱病です・・
恋ですから仕方ないです。

キモチワルイ(笑) 

(自分のことも書かないとですね・・今週中には。はい)
[ART] -絵・アート-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。