FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/22

河の流れの・・/JR福知山線事故5年

100414_152924f.jpg 100414_152944f.jpg 100414_152955f.jpg

先日歩いていたら、道の真ん中にスズメが横たわっていました。

むごい表現ですが、既に車に轢かれ潰れてしまって、原型を咎めていませんでした。
アスファルトの上では成仏できないだろうと放置できず、
しかし申し訳ないけれど素手では掴めなかったので、ティッシュを出して包み持ち、
元来た道を引き返して公園の草むらに横たえました。
タイヤのせいなのかも知れませんが、まだ少し温かかったです。

その横を、帰り路の小学生たちが別れ際の声を放りながら駆け去って行きました。

***

尼崎でJR福知山線の脱線事故が起きてから25日でもう5年になるそうです。
そのとき1輌目に乗っていらした当時大学生の被害者の方が、
市役所の福祉課に入られたとの記事を拝見しました。
当時からの報道の記録を読み返すと、人災とは言え多くの方の悲痛な声に胸が重くなります。

前方車輌にいながら助かった方、救出されながらも数日後に挫滅症候群で亡くなった方、
助かったもののサバイバーズギルドに苦しめられる方々・・
一方で事故後に関わらずゴルフや宴席に出席していた当の会社職員や幹部、国会議員・・
また、事故の責任やショックを受け止めきれずに心身に障害をきたされた被害関係の方や、
救急隊員、救出作業に当たられた方、会社職員の方・・

事故については、利益優先や旧態依然とした会社体質も問われるなどしました。
その後の「責任追及」ではなく「原因追求」という考え方の提示や、
医療や緊急災害時の体制などで教訓を取り入れるきっかけになった部分も見受けられます。

地下鉄サリン事件のときのことですが、私は池袋駅にいたものの、
予定を変更したため、その時間ちょうど電車に「乗りません」でした。
御巣鷹山の日航機墜落事故は報道で、ニューヨークの911事件はテレビで見ていました。
サリン事件の本を読んでも、911のドキュメントを見ても、言葉が出なくなります。
尼崎の事故の記事では、日航機事故の遺体安置所となった体育館の様子が再び思い出され、
悲嘆に心中が削がれました。

人間同士の運命がどこでどう繋がり、どう断たれるかは誰にも分かりません。
加害者側に立たされた方も、被害者側になってしまった方も、そのいずれでもない人も、
どう生きて来たかが、どういう運命になり、どう終焉するか推し量れません・・


昨日まで決して人に触れることなく飛んでいた雀でさえ、
無残に道路に臥していることもあるので・・・
[Column] -想うこと-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。