FC2ブログ
2010/04/25

惜敗/アイスランドの影響

伊達さんが出場されているフェド杯のWorld Group II 入れ替え戦、
2月にアジア・オセアニア地区で1位通過して、久しぶりに世界舞台に返り咲きを狙いましたが、
日本チームは残念ながらスロベニアチームに敗れてしまいました。

17日に出発する筈がアイスランドの影響で飛行機が飛ばず、結局前日に現地入りして
時差を回避する間もなく練習も一回だけという厳しいコンディション。
96年のWorld Group I準々決勝のドイツ戦の再来はなりませんでしが、
スケジュールにめげず相手の№1を破って唯一の1勝をもぎ取る辺り、さすが伊達さんです。
結果が全てなスポーツの世界ですので愚痴言っても仕方がないし、しかも
国別対抗という中で、主戦としてプレッシャーを跳ね除けるのは相当な精神力が必要だと思います。
何よりケガの回復が芳しいのが今後のツアーには朗報かな・・

伊達さんは日本のテニス界のレベルアップに、ハードコートの必要性を説いておられます。
ご自身が復帰戦に立たれた岐阜のコートも全面、砂入り人工芝からハードに変わりました。
こういう環境整備で若い人がどんどん強くなっていってくれると、伊達さんも喜ばしいと思います・・

それにしてもアイスランドの火山の噴火の影響、いろんな所に出ています。
地球の反対側である日本にいるとあまり気になりませんが、
それでも穀物など一部が届かなくて、寒冷気候の影響で供給が減っている野菜同様、
ちょっと食品が値上がりしたりしていますね・・

アイスランドは経済破綻する前から行ってみたい、あわよくば住みたいと思って憧れていた地。
でも当の現地の方々は「人生で二回は噴火を体験するから」と、パニックにはなっていない様子。
ロンドンからイタリアまでタクシーで帰った方がいる一方で、
そんなおおらかな様子にちょっと驚いたり安心したりですが・・
[Sports] -スポーツ-