FC2ブログ
2009/10/11

【人を残すは上】 なぜ解任なのか・・

選手のたくましい成長ぶりで、見事2位になりCS出場を果たしたイーグルス。

しかし、野村監督は退任・・

契約が今年1年と言われていたとは言え、もう疑問だらけです。

私は投票サイトで続投応援署名をしたくらいなので、
正直ガックリ、個人的に気分が非常に塞いでいます・・

今日仙台の公式戦最終戦が終わりました。
しかし、前日までの報道や監督の談話などもあってか、
何となく選手に元気がない。
最後の挨拶に出て来た選手らの表情が皆一様に硬く、色がない。
(ベンチでちょっと喜んでいたのは今日一軍に上がった丈武選手くらい)
花束贈呈だけで、誰からの挨拶もなし。監督のコメントもなし。
クライマックスシリーズへの意気込みとか、
今年一年シーズン中通ってくれたファンへのお礼とか・・ないんでしょうか。
監督にマイクを向けて何かを言われるのも、
それでファンが感化されて退任問題に火が点くのも恐れてるとしか思えない。

こんな球団批判する気は無かったんですが、さすがにこれはひどい。
田尾監督のときの二の舞は嫌だったんでしょうが、同じです。

もし、高年棒に言及するなら、最初から任せなければいい。
どれだけ広告塔的な収益があったでしょうか。
かく言う私だって、今年くらい力を入れて観ていたことはありません。
仙台に住んでもいませんし、今野球を観に行ける状況ではないので残念ですが、
元近鉄ファンとしては分裂当時のプロテクト外選手や、磯部選手会長(今期で戦力外;)、
(川口)憲史選手のいるチームは必然的に気になり、応援していました。
中村選手の加入もですが、山崎選手や(土屋)鉄平選手、草野選手など、
他所を出された選手や無名の選手が成長する様は嬉しいです。
なにくそ、という、見返す気持ち以外何もないと思います。

実を言うと、野村監督の解説者時代などは苦手でした。
観る側としては、試合中ボソボソ喋りで批判ばかりでしたので(笑)、
パリーグ試合を中継するテレ朝の番組などでは正直、閉口していました。
ヤクルト時代の野球(試合)の仕方も、横浜の佐々木投手らのコメントにもありましたが、
日本のプロ野球のずるさなどがイヤになって、純粋な勝負に憧れ、
選手の中にメジャー行き思考を芽生えさせたのに一役買った、なんて話も(笑)

しかし、ヤクルトや阪神からシダックスを経てから近年、
指導者としての手腕は、ゆるぎないものが伺えます。
阪神にしても、いきなり星野監督で優勝できたわけではないでしょう。
野村監督の考えが選手に浸透し(広沢克己選手や遠山選手の話にも伺えます)、
若い選手が発奮して、それが選手批判の多い野村監督への反発になり、
星野監督という、選手を鼓舞する違ったタイプの下で開花したのだと私は見ています。
その方針や考え方は、長年の経験から培われた故の理論が確固としてあり、
野球人でなくとも勉強になり、得るところがたいへん多い。
ヤクルトや阪神時代の、「野村ノート」に関する文を読むと非常に面白いです。

故・山際淳二さん初め、私はスポーツものの本を良く読むのですが、
野村監督の本くらい、野球やりたい!という気分にさせたものはありません。
森監督、仰木監督、落合監督など、現役当時の王さんの本から色んな方のものを
読みましたが、玄人文章が多いのですね。
その人でないか、よほどの選手でないと内容(状況)の真意までわからなくて(笑)
その辺、どうしてもスポーツライターの方の解説付き(?)の文を読んでしまうのですが、
野村監督の本は正直、一種のゲームの攻略本です。
理論的にどうすればいいか・・・野球でなくても、他のことを論理的に導き出す方向の、
考える姿勢と意欲が湧きます。

広沢選手が驚いたというのも頷けます。古田捕手が育ったのも分かります。
(今イーグルスの山田コーチは阪神の捕手ですし)
一度は引退を考えた山崎選手が40歳を越えて本塁打を量産するようになったのも、
野村監督あっての部分が大きいと思います。

これを応用して、実践したくなります。野球をやりたくなります。
野球でなくとも、実生活で考えて取り組もうとしたくなります。
誰かに自分の経験や知識を教えるときの教本になります。

そんな良き指導者で実を結んだのに、こうして結果が出ているのに、
解雇の方針や時期監督選びだけで動き、労をねぎらうどころか会見もしない、
そんなフロントで、来年イーグルスは勝てるんでしょうか。

年棒経費を言うなら、2万人しか入らないスタジアムをなぜ改修しないんでしょうか。
2万人では万一日本シリーズになったとき、プロ野球機構は7戦やっても赤字です。
楽天球団ができたときのHPを見たとき、島田オーナーがBLOGを書いてました。
(今はそのコーナーはありません)
その内容と言ったら、どこそこの有名人や財界人と会食した話ばかり。
大体、オーナーのBLOGなんて読みますか?しかもそんな内容で。
入場料にも工夫がなく、ボールパークの理念から言うと設備の割りに高いし、
サービスもイベントも魅力がなく、球場をファンと作ろうという姿勢が伺えない。

ロッテや日本ハム、ソフトバンク(ダイエー)の観客サービスと比べても歴然です。

日本ハムが東京ドームに本拠地があったとき、集客のためにやっていたイベントには
広報さんの苦労やアイディアがたくさん伺えました。
ある取材で、広報の方とお話させて頂いたことがありますが、それは気さくで、
配慮と努力、そして集客のため、チームのために尽力する姿がありました。
今、日本ハムは北海道に移転して、連日満員です。(私も移転は歓迎でした)
それも、チームが優勝を毎年争うようになったのが大きいですが、
やはり最大はファンのこと、お客様のことを考えての努力が実を結んだからです。
ガラガラの球場では、選手だってやる気が出ません。
活躍しようと思いません。勝ちたいと思いません。

その大事な集客に一役買っていたのが、
野村監督(なり田尾監督)なのではなかったのではないのでしょうか。

野村監督だけが野球をやっているのではない。やるのは選手です。
ですが、選手を強く育てるのも、ダメにしてしまうのも、指導者です。
よき指導者をあてがうのが、会社の仕事であり、使命なんじゃないんでしょうか。
いい商品を生みたい、ヒット作をつくりたいなら、
それを作り出す人を入れ、作り、育てないと。

選手がヒットを打つ商品だとしたら、それを生むのは指導者です。
お金(給料)払ってるからという態度の上役では、
いずれそんな会社は潰れてしまうのではないでしょうか・・


財を残すは下、
仕事を残すは中、
人を残すを上とす。


野村監督の言葉です。

今、私も年を重ねて、すごく気にしている言葉です(笑)
(個人としては常に「高下在心」を肝に銘じてますが)

野村監督、そんな会社と仕事しないでいいよ!と言いたいですが、
来年以降もグラウンドで胴上げされてご臨終、という夢に向けて走られる姿を
また拝見できるよう、切に願います。。。

[Sports] -スポーツ-