FC2ブログ
2006/04/18

【藤田嗣治】

東京国立近代美術館藤田嗣治展を開催している。

Top_pic01
(※画像拝借失礼します)


先日、NHKの「日曜美術館」でも特集として取り上げており、
喜んで観させてもらった。

描かれた作品についてもだが、
ご本人の生涯の話だけでも色々話題に尽きない。

父の望みに反して画家を目指すも、
(しかし、黙って資金を渡されたとのこと)
日本で全く認められず、フランスに渡ったこと。
フランスでの生活、戦争、多くの画壇の友人、日本での反感、
その後の南米渡航、幾人もの妻、日本への帰還、
再び戦争、敗戦と責任、そして日本との訣別・・・

結果、日本では死後の今最近になって、やっと認められた作品。

乳白色の肌。

猫。

恐ろしい群像の戦争画・・

(特に「アッツ島玉砕」「サイパン島同胞臣節を全うす」は
 当時描かれた目的が違うとは言え、やはり凄まじい)

晩年はクリスチャンとして生き、
授からなかった子供を、
そして宗教絵画を描いていたという。

モデルの存在しないという子供の表情や
礼拝堂の壁画にも引き寄せられる感慨が溢れて来る。

祖国にあって、祖国にない“生き”場。
何を伝えたかったのか、
何を描きたかったのか・・

原画を観ると、たぶん、生でその多くの思いが伝わってくるかも知れない。

鑑賞に行くのが楽しみだと共に、
ふと思う。・・・・

日本だけが表現の場ではないのだ、と。。。。


「藤田嗣治展」
東京国立近代美術館


****

Save0149b2


自作 「天使~蝶翼~?」 (一部)

・油性ボールペン/A3 (制作中)


***

【個展のお知らせ】

友人のよーこさんこと宮下洋子さんの個展が今日から開催中です。

*宮下洋子個展 『心温℃』
*油彩画
*横浜画廊 ぎゃるりじん
*4/18~23

こころがほんわか暖かくなりたい方におすすめの絵画展です。
お時間あります方、お近くの方はぜひ☆

-
[ART] -絵・アート-