FC2ブログ
2006/10/09

【内なるもの】

長々放置しておりました。失礼しております。

テキストを上げる機会がなかったわけではないのですが・・
日々精進、制作中でございます。
申し訳ありません。
少しずつUPしていきたいと思います。

200609271744000

原宿にて9/23~10/23まで(延長あり)
ミニ展をしております。
個展をやるよりスペースと期間の都合がつくので、
より多くの方に見てもらう方を優先しての考えです。
この後も他でカードや小作の展開を予定しております。

***

ところで展示していつも言われることのひとつについて悩んでおります。

肖像権・・というか、モデルさんの問題ですね。

他人の著作や肖像権に関係のある画像は難しいです。
ご本人に許可取ってない限り描いたり載せたりできないんですね、他人についての作品は。

そして、それ言ったらやっぱり似顔的な絵は肖像権どうなんだとかなるんですが。
(これについてはホントに色んな人に相談しました・・)

肖像権については「親告」について触れているので、
本人や関係者に言われない限り法律的には未然の問題、・・なのですが、
しかし言われた場合は対処していかないとならないわけです。

たとえ数枚(利益が殆どない)とは言え、やはり商売にしちゃいけないわけですし・・
モデルでなくとも写真にはカメラマンの方や版元などの著作やパブリシティ権も関わってくるわけで・・
(と言いつつ少量、ミニ展に出させて頂いてるんですが)

まったくSinなんかにとっては、モデルの件は制作と結びつく死活問題です。
どこかにモデルさんいないですかねぇ・・
ホントに生活以前に大きな悩みです。

ゴッホは何でもモチーフを「見て」描く人だったそうなんですが、
あるときゴーギャンに「見ないで描かないとダメだ」と言われたらしく、
そういう作品も残ってます。

しかし見てこそ「捉える」モノがあるわけですから・・

抽象的な“内在”するモノを描くのはそうやって考えると難しい作品だと思います。
ああいうのは「何」で描くのか、そうした作家さんにいつも訊いてしまいます。
答えは心から来る「感情」であったり「叫び」であったり「美」であったり、
はたまま「触覚」「インスピレーション」「色」「音楽」・・

全てに共通するのが“内なる”モノ・・

自分で内を探れば、わかっているものでもあるんですが、
しかし自分は投影させて描くしかできないんだなぁ、とか色々思ってしまいます。
例えばやはり、抽象画なんて描けないんですね。
(そういう意味ではそうした絵を描く作家さんはホントにスゴイと思うんですが)

まだ暗中模索が続きます・・・
[ART] -絵・アート-