FC2ブログ
2008/10/11

【最後の砦】そして刺激!

200810110207000

制作中です。

目が大きいのが分かるでしょうか?
比較するため?に以前描いたA4の絵を置いてみました(笑)
B3の作品です。
このくらいになると自宅のスキャナーではスキャニングできないので、
業者さんに頼もうか考え中です。
B2の方は全然違う作品なんですが。

どうも最近変な欲が出てしまって困り物です。
大きな作品を描くのは(自分には)意味がないと言っていた筈なのに・・(笑;)
誰かの影響はない(筈)なんですが。
外に飾ってみると小さいなぁ、と思うとか、
大きな作品でインパクトを求めてみたくなる、とか、
確かにその辺もないでもない。

でもなんとなく一度キャンバスを大きくしてしまうと、
大きい紙の方がわくわくしたりするのですよね。
小さいものが描きにくいとか、情熱注げないなどはないのですが、
制作時間が短くなってきているのもあるようですし、
(A4だとぶっ続ければ1日で上がりますし、
A3でも以前は1週間以上かかっていたものが今は数日ですし)
何よりチャレンジしたくなっているのがあるようです。

数日で終わるなら、数日で終わらないものを描いてみよう・・
というのもありますが、
数ヶ月かかるような絵ってどういうものなんだろう?と
自分を苛めてみたいような・・・(笑)
途中で辞めたくなるクセも直したいのもありますが、
(失敗しない限り途中で断念することはないんですけれど)
飽きてしまうような絵はやっぱりダメな絵なわけで・・
そして、時間をかけて描いたものは、やはり要した時間分、
後で見ても良かったりするんですよね。

そんなわけで、どうなるかわからないのですが、
描きたかった(いつもと違う)ものを、大きいサイズで描いてます。


「絵描きは最後の砦」

先日、画家の大先輩、鷹野川鵬氏とお酒をご一緒しました。
深夜でしたので、結局朝まで・・・(笑)
(先生、ありがとうございました!ご馳走様でした)
氏とお知り合いになれたのは、ひょんなことからなんですが、
出先で知り合いましたら、ご自宅がご近所で、
それで予定通り出動命令を頂きました(笑)

鷹野川さんが今描かれている作品は、
B1のボードを縦に繋いで、それをさらに何枚も並べ、
最終的には100メートルにもなるという、風景画。
モネの睡蓮の連作を彷彿・・否、それを越える作品とのこと。
家(アトリエ)に入らないので難儀されてるとか・・それはそうでしょう!
その制作姿勢には凄まじい情熱が垣間見えます。
お年はナイショですけれど(伺ってこっちも吃驚)、外見もぜんぜん若い!!
刑部人からご知人の醍醐イサム氏、果ては村上隆氏に至るまでもお話頂いて、
新旧絵画の世界やら現代アートシーンやらまで
それは語らせたら熱いこと熱いこと・・私の比じゃありません(笑)
お話ししてると、時間なんかあっという間に経ってしまいます。

恥ずかしながら私は油を扱うでもなく、大きな作品を生んでも、
年間幾度も頻繁に展示会に出展することもない、
ホントに描いてるの?程度の絵描きなんですが
(とても自分が画家などとは口が裂けても言えませんが(笑;))
そんな私に色々お話しくださって、それはそれはありがたいことでした。
(・・・性格的に似ているように感じた?のはここだけの話ですけど(笑))

今後もお相手くださるように、精進して頑張らないといけないんですけれど。

それでどこでどうなったのか、出たのが
アートは
“衣食住など生きていくのに必要なものではない”
けれど、
“精神生活のために、人間にとってなくてはならないもの”
だ、と。

そして、アーティストの中でも絵描きは、
お国のために謳いなさい国威高揚のために歌をつくりなさいと言われれば、
若い音楽家すら喜んでニッポンガンバレ、と提供する(?)―ご時世で、
「最後の抵抗をする砦だ」
と、拳を振り上げる・・・二人(笑)

うーん、まるで学生運動家のよう(笑)・・な感じでした。

いや、私が、かな?(笑)

それと先日、会田誠氏の個展を拝見したのですが、
相変わらず難しい・・というより、面白いことを提示されてました。
なんというか、抵抗してるというか、反逆というか、
怒っている、というか。
いつも何か憤りをぶつけてきてらっしゃいます。
あれだけの技術と見識がありながら、
それでいて、妙に庶民的で漫画チックなところに
難しい美術論とか芸術観念を貶(おとし)めてこられます(笑)
(こまっしゃくれた美術ナントカ論なんかこうじゃああ~みたいな(笑))
その域にあってこそできる反逆ワザなんでしょうけれど。
でも、も少し、(ちょっとマジメな?)絵が観てみたい気がいつもします・・(笑)

※様子はコチラの記事に写真入りでございます。
(・・この方の所へは毎日こっそり覗きに行かせて頂いてます・・(笑;))

いつも怒ってたり、時代とか経済?とかと関係ない方向に爆走して、
でも刺激がいっぱいあって・・
そんなアーティストは最後の砦(笑)
元気でハチャメチャで怒ってる(?)先生方たち(笑)と時間を過ごすと、
なんだかやっぱり、楽しいです。


そうそう、移動マッサージさんこと伊藤雅史さんが
丸の内のCow Parade Tokyo出展されてます。(本人HP
太田由美さんは現在シンガポール
ロッカクアヤコさんが写真に!)

いいですね~、皆さんご活躍で!
刺激刺激!!

なくてもいいものかもだけれど、
ソイツはソイツらがいないとぜったいに生まれない。

私もその一人だ!!(笑) と、思って頑張ります!
[ART] -絵・アート-