FC2ブログ
2009/11/23

【アート月間】(9)TCAF2009

TCAF
 11/21~23日まで新橋で開催されていた
 TCAF2009
 (東京コンテンポラリーアートフェア)

 を観に行って来ました。

 67の国内の画廊が集まる、
 現代絵画のフェアです。

 サプライズもあって嬉しかったり、
 色々勉強にもなりました。



事前に出展案内は見ていたのですが、当日やはりリストを持参すれば良かったです。
受付で頂いた案内図にはギャラリーのブースナンバーしか書いてなくて
お陰で気になっていた作家さんを見逃しそうになったりしたもので・・。

今年は昨年出展があった伊藤雅史氏や、
先の諏訪敦氏の出展は残念ながらありませんでしたが、
(その彩鳳堂画廊さん出展の詫磨敦子氏のペン画は興味があったので、
それはそれで貴重な時間でしたが)
「46歳以下の若手アーティスト」(この年齢の斬り方はわかりません(笑))と
看板に銘打った告知から若い作家さんを推したいのが伺えました。

※そう言えば伊藤雅史さん、太田由美さんに続き「おしゃれイズム」に出てらっしゃいましたね。
(伊藤さんの名前の漢字間違ってるよ!日テレさん!(笑))
変わらぬご活躍ぶり!で嬉しいです。

銀座のガルリ・SOLからの東城信之介氏の鉄板とサビを使った作品が興味深く、
色々お話を伺ってしまいました。
他に、Gallery Art Compositionの平松佳和氏の実物が見られたのが嬉しかったです。
随分前に名古屋で拝見したりした、
いつも面白いものを提示されているAPAさんは不思議な空間でした。
村上隆氏のカイカイキキなど、昨今の海外の高騰ブームもあってか、
フィギュア多かったですね。
MIZUMA「ACTION」(若手グループ)でしたので、
DFでもお見かけした谷口ナツコ氏、石井亨氏ら。
谷口さんの毒々しいまでのカラフルで細密な絵は、絵というより装飾品のようでした。
今回一緒に行ってくれた方に技法を解説して頂かなかったら、
どうやって制作しているのかわからなかったです。(その他色々ありがとうございました)

全般に私の見たかった方面(主に人物画)はあまりなく、
かといって抽象画が多いわけでもなく・・ちょっと物足りない感じでした。

そんな中で一番目立ったのは太田由美氏でした。
絵もご本人もいつも明るいです。
(体調の関係で制作たいへんそうですが、お大事にされてください)

見知った作家さんが良かったりすると嬉しいですが、
これだけ画廊があって何やってるねん?という感じも(笑)
すれ違った年配のバイヤーさんの話が耳に入ったりしましたが・・
この辺、購買側としてはどうだったんでしょうか。
私が仮に買う側になったら、欲しい!という作品はそれほど・・
過日のYAJの方が面白かったです。
何が違うのかは分かりません―
(長くなりそうですし、美術評論家でもないアマチュア絵描きですので割愛します(笑))

若手作家なら若手作家なりに、
それなりの爆発力も欲しかったような気分もないでもないような・・
いえ、偉そうなことは言えませんけれど。

と言いつつ、昨日当日は私も睡眠2時間だったせいか、ぼーっとしていて(笑)、
イムラから三瀬夏之介氏が出てらしたようなのに、何となく覚えていませんし(酷い有様)
neutronさんのブースも自分、スルーしてしまっていたようだし・・(笑;)
昨日当日は会場に諏訪さんがいらっしゃったようで・・(なんというニアミス・・)
(いや、お顔拝見したって失礼で声のかけようがないんですが・・(笑))

それでも、実物じゃないとわからないことってあるものです。
そういうものに沢山触れてみることができて良かったです。
実物でないと価値がないものですので、それを前にし息吹を感じないと
インスピレーションもエネルギーも貰えないですからね・・
多くの作家さん、画廊さん、ディレクターさん、そしてお客様に感謝です。

秋口から自分のヒントを探す旅をちょっと続けて来ましたが、
頂いたものを今後の制作に是非生かしたいと思います。

総感は後日、また改めます・・
[ART] -絵・アート-