FC2ブログ
2009/11/26

大陸と大陸の間

成田で本国への帰国拒否をされて何日も座り込みをされている、
人権活動家の馮正虎(フェン・ツェング)氏の関係はその後どうなったのでしょうか・・

知り合いの中国の方に聞いたら「何それ?ニュース見てないから」と言われました(笑)
日本にいらっしゃる中国の方には自身の日々の生活が大変なのでしょうけれど・・(笑)

オバマ大統領が日本の天皇陛下にお辞儀をされた件では
合衆国本土の保守派で議論が起きているようですが、
日本人にはこれといって議論などなかったり―
(中国の方の話と同じ空気だとは言ってません)

過日、アメリカ合衆国が日本への降伏勧告・占領政策への模索を続ける際、
日本とラジオを通じて外交戦略的なやりとりがあったというドキュメンタリーを見ましたが、
日本国民にとっては天皇は神的存在であり、それを廃してしまうと、
統率どころか全員が自害するのではないかという当時の見解が伺えます。
そんな異国の天皇に謁見する際にその国のしきたりを尊重した大統領の姿。
保守派の意見も分かりますし、大統領の姿勢も分かる気がします・・・

一方でNYで開かれた経済会議で、日本企業は社長やTOPが出ているのにも関わらず、
アメリカ側の企業は副社長や社長室付の取締役など格下が殆どだったそうで、
その辺は今ではすっかりBRICs(中国やブラジルなど)に目が向いている、
ドライなアメリカ企業の本音が垣間見えます。

先日からのドバイショックで円高が進んで更に打撃を受けてますが・・
こういうときは輸出より国内需要が増えたり・・はどうか分かりませんが。

そのオバマ大統領、ASEAN会議ではミャンマーの首相と笑顔で会見したり、
タンシュエ議長宛にも支援を約束して、裏では中国への配慮が著しい様子。
スー・チーさんの関係周辺はガックリです。
合衆国にとって大きな市場である中国との友好関係は最優先ですので、
そのお膝元で傀儡たるミャンマーの現政権とは仲良くしないといけませんから・・。

以前別の所でも書きました、知人のミャンマー(の少数民族会議副理事)の方が、
先の中国の方と同じ職場にいらっしゃるのですが、
中国の方の、ミャンマーの方へのぞんざいな態度と言ったらない・・(笑)
まあ、日本人にもありますけどね。
白人と、そうでない人や他のアジア圏の方への態度の違いとか(笑)

普天間問題もそうですが、日本は大統領に儀礼的にお辞儀はされても、
アメリカの視線の先はアジア経済圏としても、島を飛び越えているようです(笑)

いずれも短絡的に関連性を述べるつもりはなく、ただ最近のニュースの羅列ですが・・

どこの国も国民も、国際政治や過去の歴史が絡んでいるので、
国民性云々だけでは片付けられませんし。
アフリカでは政権覇者が自身の地位維持のために魔女狩りまでしているくらいです。
利権のためには最大公約数で動くのが政治家や企業のTOPです。
個人のヒューマニズムや人権なんて言ってられない場合もあるでしょう。
表向きは民主主義、基本的人権、と言うでしょうが・・

だからと言って政治に期待するのはやめましょう、とか
所詮人間のやることだから仕様がないよ、とか、
嫌世否定的な物言いをしたいわけではありません。

勿論、軍隊を増強して列強から独立せよ、なんて言いませんけれどね。
決して。
[Column] -想うこと-